今すぐ50万円借りたい時に注意すること

今すぐ50万円借りたい時、注意することがあります。
消費者金融のキャッシングの場合、通常は担保や保証人不要で融資可能です。しかし、借入れ金額によっては、収入証明書が必要になることがあります。
収入証明書は普段持ち歩くものではないので、今すぐお金が必要な時には急いで準備する必要があります。

収入証明書とは

収入証明書とは、その人が働いて収入を得ていることを証明する書類のことです。源泉徴収票や所得証明書など、様々な書類があります。基本的にはコピーでも可ですが、最新のものであることが条件になります。

源泉徴収票は、勤めている会社から発行される収入証明書類です。確定申告を行う場合などに使用します。源泉徴収票は通常最新のものである必要があります。

前線徴収票がない場合には、給与明細による提示も可能です。給与明細書が何かということについては説明の必要もないでしょう。これについても直近のものであることが条件で、ほとんどのケースで直近2か月分の提示を求められます。

会社から源泉徴収票がもらいにくく、給与明細書も紛失してしまった場合には、市町村の役場でもらえるものもあります。所得証明書や市民税、県民税額決定通知書なら、会社に行かなくても発行が可能です。

収入証明書が必要な時とは

借入れ金額が大きい場合には、収入証明書が必要になります。
具体的には、50万円を超える金額のキャッシングを利用する時には、消費者金融から収入証明書の提示を求められます。
また、他社との借入れ総額が100万円を超える場合にも、収入証明書の提示を求められます。
例えば自分の名義で、すでにA社に40万円、B社に40万円借入れ中の場合、20万円を超えるキャッシングを申込むには収入証明書が必要になります。

収入証明書が必要になるのは、初回申込み時のみとは限りません。追加で融資を受ける時に、提示を求められることもあります。
また、残債が残っている状態で、最後に収入証明書を提出してから3年が経過している場合にも、最新の収入証明書の提示を求められます。この場合、収入証明書の提示を行わないとキャッシングのサービスの停止などの措置が行われます。

なぜ収入証明書が必要なのか

何故多額のキャッシングの場合には収入証明書が必要なのか、それは貸金業法という法律が関係しています。

貸金業法の改正の影響で、貸金業に様々な規制がかかりました。段階的に改正され、2010年6月18日に完全に施行されました。この改正に伴い、上記の条件では収入証明書の提出が必要になったのです。

法律の話なんて関係ないと思うかもしれませんが、実はこの改正には抜け道があります。消費者金融はこの法律の規制の対象になりますが、銀行業務は規制の対象外なのです。
つまり、消費者金融では収入証明書の提出が必要なケースでも、銀行でのキャッシングであれば収入証明書の提出が不要な場合もあります。

もし、50万円を超えるお金が今すぐ必要で、どうしても収入証明書の用意が間に合わない時には、銀行でのキャッシングを探してみるという手段もあります。

まとめ

今すぐ50万円借りたい時には、収入証明書の提示を求められることがあります。免許証と違い、収入証明書は通常持ち歩くものではないので、キャッシング申込み時には事前に準備しておくと、手続きがスムーズです。
収入証明書には、源泉徴収票や直近2か月分の給与明細がありますが、市町村の役場でとれる所得証明書などでも代用可能です。

収入証明書が必要な条件は、50万円を超える金額の借入れの場合と、他社含めて100万円を超える金額の借入れの時です。また、前回収入証明書を提示してから3年経過した場合にも、最新の収入証明書の提示を求められます。

これは、貸金業法の改正による規制で、消費者金融はこれらの提出を法的に義務付けられています。ただし、銀行はこの規制の対象外なので、どうしても期日までに用意できない場合には、銀行でのキャッシングを申込むという手段もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ