今すぐ10万円を借りたい人におすすめの「お申込み方法」

今すぐ10万円必要になった場合、他人に気軽に借りることができる金額ではありません。でも、プロミスを利用すれば10万円でも気軽に借りることができます。申込みさえ終わればあとの手続きはシンプルで、本当に簡単に10万円引き出すことができます。

唯一手のかかるのが申込み

申込みでは本人確認書類として免許証が必要です。プロミスでは、場合によっては収入を証明する書類が必要になります。ただし、10万円の借入れなら必要となることはほとんどありません。

申込みは無人契約機でもインターネットからでも可能です。最初の申込みで、様々な入力がありますが、唯一手のかかるのがこの入力です。住所や生年月日、使い道なども聞かれますが、干支や保険の種類、会社や年収も聞かれます。

ただし、基本的に自分のことについて聞かれるだけなので、質問に答えることはそれ程難しいことではありません。ただ、色々聞かれるので時間がかかるだけです。申込みが終われば後は結果待ちです。

申込み後の審査について

審査の時間は公式サイトに最短30分とありますが、申込みに不備がなければ大体その位で完了します。審査では、働いている会社に本当に在籍しているかも確認されます。これが終われば審査完了です。

その後、融資可能額が伝えられます。融資可能額については、10万円で申し込んでも、それ以上の金額を伝えられることもあります。もちろん可能額全て借り入れする必要はありません。

後はお金を引き出すだけ

無人契約機であれば、その場ですぐにプロミスのカードが発行されます。そのまま備え付けのATMにカードを入れると、お金を引き出すことができます。
例えば融資可能額が30万円だった場合、10万円で申込んだとしても、いきなり30万円引き出すことも可能ですし、とりあえず5万円だけ引き出すことも可能です。要するに、限度額の範囲内であれば、いくら引き出してもいいのです。

インターネットからの申込みの場合には、すぐにカードの発行というわけにはいきません。
その代わり、最初に申込んだ金額が、すぐに指定した口座に振り込まれます。ただし、口座振り込みは終わる時間が早いので、申し込みが14時を過ぎると振込みが翌日にずれこんでしまいます。

インターネットからの申込みでは、申込んだお金がまず入金されて、後からカードが発行されます。カード発行後は、プロミスのカードを使って追加の借入れが可能です。融資可能額の範囲ならいくら引き出してもいいのは、無人契約機での申込みと同じです。

10万円借りた後は

無事に希望の金額を借りた後は、毎月返済をしていきます。また、途中でお金に困ることがあっても、融資可能額の範囲内であれば、何回でもお金を引き出すことができます。
10万円の借入れであれば、利息も返済額も少ないので、無理なく返済できるはずです。ただし、何回も借り入れを繰り返していると、いつまでたっても完済できないので注意が必要です。

まとめ

10万円どうしても欲しい時には、プロミスなら手軽に借り入れができます。手続きは無人契約機で行っても、インターネットで行っても簡単です。
必要事項の入力項目が多いので、時間がかかります。ただし、入力項目は自分の情報についてばかりなので、難しいということはありません。
申込んだ後には審査がありますが、30分程度で完了します。職場に在籍しているかの確認は、この審査の時間に行われます。審査が終われば、無人契約機なら備え付けのATMに発行されたカードを入れるとすぐにお金が引き出せます。インターネットからの申込みの場合は、指定した口座に振込まれますが、14時を過ぎると翌日に振込みがずれこみます。

一度審査に通れば、融資可能額の範囲内であれば何度でもお金を引き出すことができます。
10万円の返済はそれ程大変ではないと思いますが、借入れを繰り返しているといつまでも完済できないので注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ