今すぐお金を借りたい時のキャッシング方法

今日は月曜日、給料日の金曜日まであと5日あるけど、もう手持ちが2000円しかない・・・なんてことはよくある話です。でも友達から借りるとなるといろいろトラブルの元ですし、親借りるとしても理由を説明するのがなかなか面倒です。下手に刺激してしまうと、長い長い説教タイムなんてことにもなりかねません。かといって、正攻法でお金を増やすとなると手間も時間もかかりますし、なかなか簡単にはいきません。

そんなときに役に立つのがキャッシングです。利息を払わなくてはいけないのはデメリットですが、知人に頼みこんだり説明したりする手間をかけずにお金を借りられるというのはとても大きなメリットです。店員さんに直接会ったり電話をかけたりする必要もなく、ちょっとお金を借りたいだけなのに・・・という時にとても気軽に使えるサービスです。

今すぐ借りられる?

キャッシングを使ったことがないと、まず気になるのが、借りるまでにどれくらい時間がかかるのかということです。たとえば住宅ローンの審査などでは1週間くらいかかってしまったりしますので、キャッシングではなんと30分で審査が終わってしまうことがあります。キャッシングは、急にお金が必要になってしまったりした人のためのサービスですので、審査のスピードにはとても力を入れています。各社競うように審査スピードを速めていますので、キャッシングを使えば、今すぐお金を借りることができるのです。

申し込んだ当日にお金を借りたい場合は、その日の14時くらいまでには申し込みを済ませておく必要があります。これ以降の時間になってしまうと、審査が終わって実際にお金が借りられるのが翌日以降になって今います。

いくらくらい借りられる?

審査スピードをウリにしていますので、いくらくらい借りることができるのかは気になるところです。借りられるのが5000円では、給料日までもちませんからね笑 もちろん誰が申し込むかによって金額は変わってきますが、少なくとも10万円くらいは借りられることが多いです。人によっては50万円、100万円近くということもあるようです。何度も利用してしっかり返済も行っていれば、数100万円という金額まで借入限度額が上がることもありますよ。

誰でも借りられる?

誰が申し込むかによって金額が変わってくる、と書きましたが、お金を借りられる条件というのはどういうものなのでしょうか?実は、定期的な収入がない人にはお金を貸せないということになっています。ただし、社員として勤めている場合だけでなく、継続的に長期にわたって安定した収入があると証明できれば、アルバイトでも大丈夫です。もちろん、その収入が多ければ多いほど、借りられる金額も大きくなるというわけです。

また、一度に複数のキャッシング会社でお金を借りていると、追加でお金を借りるのは難しくなります。まぁこれは当たり前ですよね。

お金を借りるにはどうすればいいか?

まず、手元に携帯電話と、身分を証明するための免許証など、そして収入を証明するための給与明細などを用意します。そしてキャッシングのWEBサイトにアクセスし、必要事項を記入して、書類を写真に撮って送ります。これだけで申し込みが完了し、審査がスタートします。あとは結果を待てばOK。無事審査に通ったら、ATMに契約書を受け取りに行き、それが終われば口座にお金が振り込まれます。

家に郵送物などが届くこともありませんし、勤務先へ在籍確認の電話がいくのですが、これもキャッシングとはわからないように配慮して電話してくれます。なので、誰にもばれずにキャッシングすることができます。

今すぐお金が必要になったときは、必要書類を用意して、少しでも早くWEBサイトからキャッシングの申し込みをすることが大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ