今すぐお金を借りたい時に準備するものと、申込み条件

必要書類

今すぐお金を借りたい、というケースは突然やってくるものです。といって、友人などの身近な人に借りるというのはトラブルの原因になりやすく、おすすめすることは出来ません。

申込みをして早ければその日のうちにお金を借りることも出来、安全なお金の借り方が大手消費者金融でのキャッシングです。

無利息期間中に返済すれば、利息がつかないという、うれしいサービスもありますので、いざという時の為に利用してみてください。

・キャッシングに申込みする前に、確認する条件

まずお申込みの前に、申込みか可能かどうかの条件を確認してください。

1つ目の条件は、年齢です。多くの大手消費者金融では、年齢20歳から69歳を貸し出しの対象としています。未成年者の場合は、収入が安定していてもお金を借りることは出来ません。

もう一つの条件は、安定した収入があるかどうかです。
プロミスやアコムの大手消費者金融では、パートやアルバイトでも、申込みが可能ですが、主婦の方や家事手伝いの方など、ご自身で収入がない方はお申込みをすることが出来ません。

また上記の条件を満たしていても、年収の3分の1以上のお金を借りることは出来ません。これにはクレジットカードのキャッシング枠も含まれます。ただし、銀行からの借り入れや、銀行が発行しているカードローンでは、総量規制の対象になりません。

いかがでしょうか?条件はクリアしていたでしょうか?

それでは、お金を借りる為に準備するものをご紹介します。

必要書類 その1 本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

上記いずれかの書類が必要になります。
運転免許証があれば一番良いのですが、お持ちでない場合は健康保険証、パスポートが代わりになります。
どれも書類に記載されている住所と、現住所が同じである必要があります。

異なっている場合は発行日から6ヶ月以内の下記の書類をご用意ください。

・国税、地方税の領収書、請求書、もしくは納税証明書
※納税証明書とは、確定申告書などを提出した場合の納税額、所得金額や未納の税額がないことを証明する書類です。税務署にオンラインか、書面で請求手続きを行うことが出来ます。

・住民票のコピー、または住民票の記載事項証明書

・公共料金の領収書、請求書

※電気代、水道代、ガス代、NHKの受信料が対象となります。携帯電話の領収書は使用できませんのでご注意ください。

・健康保険など、社会保険料の領収書、または請求書

必要書類その2 収入証明書

大手消費者金融では、1社でお金を借りる場合、借り入れの希望額が50万円を超えると収入証明が必要になります。また50万円以下でも、他の会社での借金が合計100万円を超えると、収入を証明する収入証明書類が必要になります。

該当する収入証明書と、準備方法

では、収入証明書をどうやって準備するかをご紹介します。

・直近2ヶ月の給与明細書+1年分のボーナス明細書(ボーナスがない場合は、直近2ヶ月の給与明細書)

こちらはお勤めの方であれば問題なくお持ちだと思います。急ぎで必要な場合には、給与明細書を利用すると良いでしょう。

・最新の源泉徴収票

源泉徴収票は、お勤めの会社の経理担当者に頼めば発行してもらえます。少し時間がかかる可能性がありますので、あらかじめ準備しておきましょう。

・最新の確定申告書

税務署で確定申告書を行った際に使用するものです。サラリーマンでなく、個人事業主の方はこちらを用意しましょう。

尚、会社によって必要な書類、条件が違う場合がありますので、申込みの際にはもう一度必要書類を再確認してみてください。

銀行などでお金を借りる時に必要な保証人、担保、印鑑は不要なので、ぐっと借りやすくなっていますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ