今すぐお金を借りたい時に注意すること

今すぐお金を借りたい、そんな時には消費者金融が一番素早い対応をしてくれます。
緊急時には重宝しますが、注意することがあります。
それは、融資条件です。

大きく三つの点について確認しておかないといけません。
一つ目は申込み条件を満たしているかどうか、二つ目はいつまでに融資可能か、三つ目はいくらまで融資可能かということです。

申込み条件とは

いくら即日融資対応と言っても、申込み条件を満たさなければお金を借りることどころか申込みすらできません。
キャッシングの申込み条件は、消費者金融によって多少の違いはありますが、概ね変わりません。20歳から65歳位までで、安定した収入があることが条件です。

年齢が20歳前後、または60歳を越えているならば、申込みを考えている消費者金融の申込み基準を確認しておきましょう。

また、安定した収入があることも条件ですが、これは正社員でなくても大丈夫です。
自営業やアルバイト、パートであっても、安定した収入があるとみなされます。
ただし、アルバイトもしていない学生や主婦の場合は、申込みの時点で断られてしまいます。

申込み条件を満たしていても、本人確認書類がなければ手続きはできません。
免許証があれば、これだけで本人確認書類として使えます。
もしも免許証がない場合には、保険証やパスポートで代用もできます。

これも、消費者金融によって、保険証のみで手続き可能な場合や、保険証の他に住民票などが必要な場合があるので、免許証がない場合には確認しておきましょう。

いつまでに融資可能か

今すぐお金を借りたい時に大事なことは、いつまでにお金を貸してくれるのかです。
少しでも早く借りたいのであれば、即日融資対応の消費者金融を選びましょう。
大手の消費者金融の多くは、即日融資対応ですが、銀行の場合は審査が翌日以降になる場合もあります。

また、即日融資対応だからといって、必ず即日でお金を貸してくれるとは限りません。
例えば、インターネットからの申込みでは、こちらで指定した口座に即座にお金を振り込んでくれます。
しかし、銀行の振込み業務が15時で終わってしまうため、審査結果がこの時間を過ぎてしまうと、お金が振り込まれるのが翌日になってしまいます。

また、店頭窓口や無人契約機にも営業時間はあるため、営業時間を過ぎてしまうと、対応は翌日になってしまいます。
申し込み時に、どの位で振込みしてくれるのかを確認しておきましょう。

いくらまで融資可能か

すぐ必要なお金をきちんと融資してくれるかも重要です。
ただし、いくらまで融資可能かを即答してくれる消費者金融はありません。
こちらから融資を希望する金額を提示した後、審査が入ります。
審査後に、融資可能な金額が決定します。

ただし、審査後まで金額が分からないとは言っても、借入れできそうかどうかの目安だけなら調べることができます。
公式サイトの仮審査、または電話などでオペレーターに質問することで、いくら位までなら融資できそうかの目安を知ることができます。

実際の審査の結果と違ってしまう可能性はありますが、借入れ金額の目安を知るには便利な機能です。

今すぐお金を借りたい時に注意することは、融資条件の確認

申込み条件と、いつまでに融資可能かと、いくらまで融資可能かどうかを確認しておかないと、時間や金額が間に合わなくなる可能性もあります。

申込み条件は、年齢と働いているかどうかがポイントになります。成人して働いていればほぼ条件を満たしますが、20歳に満たない場合や60歳を超える場合には確認しておくことをおすすめします。

いつまでに融資可能かは、即日融資対応か、また、何時までに申込めば即日で融資してくれるかを確認しておきましょう。無人契約機にも営業時間はあります。

いくらまで融資してくれるかは審査後に決定することです。ただし、融資できそうかどうかの目安だけなら、仮審査やオペレーターへの質問で回答してくれます。
借りたい金額の申込みができそうかどうかの目安として利用しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ