今すぐお金を借りたい場合の基礎知識

今すぐお金を借りたい時に、キャッシングは頼りになります。キャッシングとは何なのか、基礎知識を押さえておくとどんなものなのかわかります。

キャッシングとは何か

キャッシングとはお金を借りることです。
ローンも大きな意味ではお金を借りることですが、何かの購入を伴う点で違います。例えば住宅ローンでは大きな金額を借りることができますが、現金を直接受け取るわけではありません。住宅ローンで借りたお金は、全て住宅の購入費に充てられます。
キャッシングの場合には、直接現金を受け取るので、使い道は基本的に自由です。

最近は、キャッシングという言葉の他にカードローンという言葉もあります。これについては両方とも意味は同じと捉えて問題ありません。
本来は、一括で返済することを前提にお金を借りる行為をキャッシングと言います。カードローンの場合には、分割でお金を返済していきます。しかし、最近は分割でお金を返済する時でもキャッシングという言葉を用いるようになりました。
また、カードローンであっても一括返済も可能なので、両者の言葉の違いは実質的になくなりました。

保証人と担保が不要

住宅ローンであれば、通常購入する住宅が担保になります。もしもローンの支払いに滞納があれば、住宅を押さえることで貸したお金の回収に回すことができます。
また、保証人も必要になります。もしも貸付金の回収が不可能になった場合には、保証人に対して代わりに返済を行うことになります。
保証人も担保も、貸付けを行う際に、返済不能になるケースに対する保険になります。

しかし、キャッシングの場合には保証人も担保も必要としないところに特徴があります。
それではもし、キャッシングを利用した人が逃げてしまった場合、どうやって貸付金を回収するのかというと、消費者金融は保証会社を立てることでこれに対するリスクを抑えています。キャッシング利用者としては、保証人も担保も不要なので、それだけ気軽に手続きを行うことができるという利点があります。

現金ではなく、専用のカードが発行される

消費者金融というと、手続き後に現金を渡されるイメージを持っている人も意外と多いです。現在は、一部の例外はありますが、実際に渡されるのは現金ではなくキャッシング専用のカードです。消費者金融と提携しているATMにカードを入れると、お金を引き出すことができるシステムです。

とはいえ、無制限にお金が引き出せるわけではなく、限度額が決まっています。
初めての利用時には、手続きもありますし審査もあります。限度額については、初回申込み時の審査後に決定します。一度カードさえ発行されれば、限度額の範囲内であれば、何度でもお金を引き出すことができます。

例えばお金のトラブルがあって初めて消費者金融に申込んだとします。カードが発行されて、30万円の限度額が設定されているとします。ここで20万円引き出した後、またお金に困った時には、提携ATMですぐに10万円なら引き出すことができます。その際にはいちいち審査や申込みは必要ありません。
また、カードの限度額は利用状況によって増額することもあります。

まとめ

キャッシングとはお金を借りることです。カードローンという言葉もありますが、現在は両者とも同義のものとして用いられています。一般的なローンと違って、直接お金を引き出すことができるので、自由に使うことができます。

キャッシングでは保証人も担保も必要ありません。そのため、気軽に利用できるという利点があります。
実際に申込んで現金を手渡しされるわけではなく、キャッシング専用のカードが発行されます。一度カードが発行されれば、後は提携ATMでいつでも何度でも、すぐにお金を引き出すことができます。

ただし、カードには審査時に決められた限度額があり、利用できるのはその限度額の範囲内に限られます。利用状況によって、限度額が増額することもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ