今すぐお金を借りたい人がやっておくべき事前準備

今すぐお金を借りたい時にキャッシングは便利です。しかし、初めての利用であれば、準備不足が原因で借りられない場合もあります。そのようなことがないように、必要な事前準備について知っておくと安心です。

必要書類について知っておく

キャッシングの申込みには必要な書類があります。それは本人確認書類です。免許証や保険証、パスポートなどが必要になります。だからと言って、これら全てが必要なわけではありません。どれか一つあれば本人確認書類として認められます。

ただし、保険証に関しては、消費者金融によっては補助書類が必要になります。補助書類とは本人確認書類で補えない部分を証明する書類です。
例えば免許証に記載されている住所が違っている場合や、保険証のみでは受付けできない規則になっている消費者金融に申込んだ場合には、補助書類が必要になります。
補助書類では住所を証明する必要があるので、住民票が必要になります。もしも緊急で住民票を用意する時間がない場合には、公共料金の領収書でも補助書類として使用できます。ただし、3か月以内に領収印が押されているものに限ります。

また、場合によっては自分の収入を証明する書類も必要になります。
50万円を超える金額のキャッシングを申込む場合や、すでに他社でも借入れ中で、借入総額が100万円を超える場合には、収入を証明する書類も必要になります。直近2か月分の給与明細書や、源泉徴収票などの内、一つあれば利用できます。
他にも、所得証明書や税額通知書でも認められます。
ただし、どの書類であっても、最新のものである必要があります。

質問項目には答えられるようにしておく

キャッシング手続きでは、様々なことを聞かれることになります。とは言っても、他人の情報について聞かれるわけではないので、通常はそれ程問題ありません。自分の生年月日や住所を聞かれて、答えに詰まることは通常ありません。

ただし、キャッシングの申込みについては、利用する理由を聞かれます。あわてないように理由についてはきちんと言葉を考えておきましょう。

また、現在他社で借入れしている場合には、他社での借入れ状況についても質問されます。もし借入れ中であれば、現在の借入れ状況を事前に確認しておく必要があります。質問に対する回答と実際の状況にずれがあると、審査に落ちてしまいます。適当に答えてお金を借りられない羽目にならないように、きちんと確認しておきましょう。

いくらで申込むのかを確認しておく

キャッシングの申込みでは、いくら借りたいのかを申告します。ここは意外と重要なポイントになります。
融資できる金額については、審査後に決定します。自分の返済能力とかけ離れた金額で申請すると、審査に落ちてしまう要因になります。どの位の金額で申込むのが妥当なのかを事前に確認しておくことは、審査に落ちないためには重要です。

それでは必要な金額が借りられないではないかと思うかもしれませんが、そもそも審査に落ちてしまっては1円も借りることができません。

もし妥当な金額では足りない場合には、他社に残りの金額を借りるという手段もあります。とりあえず審査に通ることは、キャッシング利用の最低条件です。

いくら借りられるかは、審査後に決定することですが、いくらなら借りられそうかは事前に調べることができます。
大手の消費者金融には、仮審査のサービスがあります。これは、公式ホームページで数か所の質問に答えるだけで申込み可能かどうかを判定してくれるサービスです。仮審査で通ったからと言って、本審査でも通ると保証されるわけではありません。しかし、自分がいくらなら申込みできそうかを知ることができるので、適切な金額で申し込みをすることができます。

まとめ

今すぐお金を借りたい時に、キャッシングは便利です。しかし、借りられなかったという事態を防ぐために、事前準備をしておいた方が安心です。

本人確認書類は必ず必要です。他にも住所を証明する書類が必要になる場合もあります。多額の借入れの場合には、収入を証明する書類が必要になることもあります。

質問には答えられるようにしておきましょう。生年月日や住所は問題ありませんが、他社で借入れ中の場合にはその状況についても質問されます。嘘やあいまいな回答の場合、審査が通らなくなってしまうので、事前に確認しておきましょう。

意外と大事なのが、借入可能額の確認です。いくらなら借入れ可能なのかは実際に審査をしてみないとわかりません。しかし、大体の目安については、公式ホームページの仮審査を利用して調べることができます。
もしも希望額の申し込みが見込めないなら、他社も含めて借りるという手段もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ