今すぐお金を借りたいのに借りられませんでした

今すぐお金を借りたいのに借りられなかった…そうならないよう、キャッシングの条件については、きちんと事前に確認しておきましょう。

必要書類は揃っていますか?

必要な書類が揃っていなかったり、不備があったりすると、お金を借りられません。
キャッシングに必要な書類は、大きく分けて2種類あります。一つは本人確認書類、もう一つは収入証明書です。最低限必要なのは本人確認書類で、収入証明書は多額の借入れの場合には必要になることがあります。

本人確認書類とは

本人確認書類とは、一般にいう身分証明書です。身分という言葉は差別にあたるので、店舗側では身分証明書という言葉は用いません。

免許証や保険証、住基カード、パスポートが本人確認書類にあたります。免許証やパスポートであれば、これだけで本人確認書類として必要十分です。しかし、保険証や住基カードの場合には、これだけでなく住所を証明する書類が必要になる金融会社もあります。
また、免許証が更新されておらず、住所が前の住所のままの場合にも、住所を証明する書類が必要になります。

住所を証明する書類として有効なのは、住民票や公共料金の領収書です。住民票は発行から3か月以内のものである必要があります。また、公共料金の領収書とは、電気やガス、水道の領収書です。これについても3か月以内に領収印が押されているもので、かつ住所が記載されている必要があります。

免許証があれば大丈夫と思い込んで、住所が違っていて手続き不可だったというようなことがないよう、きちんと確認しておきましょう。

収入証明書とは

収入証明書類とは、収入があることを証明する書類のことです。例えば2か月分の給与明細と1年以内の賞与明細があれば収入証明書として有効です。

他にも、源泉徴収票でも手続き可能です。もし給与明細書や源泉徴収票がない場合には、源泉徴収票ならば会社から再発行してくれます。しかし、源泉徴収票の再発行は日数がかかる上に、何のために必要なのかと勘繰られてしまう恐れがあります。

もしこれらの書類が手元にない時は、所得証明書を役所で発行してもらう方がリスクは少ないでしょう。もちろん直近のものである必要はありますが、役所に発行してもらえるので会社への連絡の必要がありません。

総量規制にも注意

必要な書類は持って行ったのに、借りられなかったという場合もあります。
キャッシングを利用する時には、総量規制という法律について知っておく必要があります。総量規制とは、貸し付け条件についての規制です。消費者金融は、総量規制に従って貸し付けを行う義務があります。

内容としては、総額で年収の1/3を越える金額の貸し付けを禁止されています。
例えば年収が300万円のサラリーマンの場合、他社を含めて借入れできる総額は100万円までとなっています。

また、収入証明書が必要な条件についても、総量規制によって定められています。
他社を含めた総額が100万円を超える場合、また、1社であっても50万円を超える金額の借入れ場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。キャッシング利用時には、これら二つの総量規制の内容に触れないかどうかも確認しておく必要があります。

まとめ

今すぐお金を借りたいのに借りられなかったということにならないよう、キャッシングの条件については確認しておきましょう。

必要な書類は本人確認書類、後は場合に応じて収入証明書が必要になります。本人確認書類があっても、住所の記載が最新のものではない場合や、保険証や住基カードの場合には、住所を証明する書類が必要になることがあります。
住所を証明する書類とは、住民票や公共料金の領収書です。どちらも、3か月以内のものである必要があります。

収入を証明する書類とは給与明細や源泉徴収票です。50万円を超えるキャッシングや、他社含めて100万円を超えるキャッシングの場合には収入証明書が必要になります。
もし用意が難しいのであれば、役所で発行できる所得証明書を発行してもらうという手段もあります。

必要な書類が揃っていても、総量規制によって借りられない場合があります。
借入れ総額が年収の1/3を越える金額の場合には、消費者金融からキャッシングの申込みを断られてしまうことを覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ