今すぐお金を借りたいのに借りられないケース

今すぐお金を借りたいのに、借りられないケースもあります。それはずばり、審査に通らなかった場合です。どんなに金利が低く、サービスのよいキャッシングだとしても、審査に通らなければ、お金を借りることはできません。
審査では様々な項目から、融資額を判断しますが、ポイントはそれ程多くありません。
今回は審査に落ちてしまった原因をご紹介します。

申告内容の間違いや嘘で審査に落ちる

審査では、本人の返済能力を判断するので、自分ではどうしようもないケースもあります。しかし、申告内容の不備については、自分で何とかできるところです。
例えば、住所の記入を間違って書いてしまったり、他社からの借入れ状況について嘘をかいてしまったりすると、ほぼ確実に審査には落ちてしまいます。
嘘を書くことはもちろんですが、記入ミスで落ちることのないよう、落ち着いて手続きをすれば大丈夫です。

他社からの借入れ状況によって審査に落ちる

すでに他社から借入れている状態の場合、状況によって審査に大きく影響を与えます。
消費者金融やクレジットカードの借入れや返済の履歴は、信用情報機関というところに記録されています。もし、他社の借入れを滞納していた場合、審査時に確認されます。

また、数社から借入れをしている場合も審査に影響を与えます。3社を超える借入れをしていて、まだ返済中であれば、審査に通る可能性はかなり低くなります。

例えば残債の総額が同じであっても、1社から借入れ中の場合よりも、数社から借入れ中の場合の方が、審査には通りにくくなります。複数の金融会社で借入れをしているということは、1社で借入れを断られる状況だった可能性が高いと判断されてしまうのです。

過去の返済の滞納により審査に落ちる

過去に返済の滞納が何度もあった場合も審査に悪い影響を与えます。
何度も滞納がある場合や、数社で借入れ中の場合には、審査に通りにくいことを覚悟しなくてはいけません。

信用情報機関に登録されているのは、消費者金融やクレジットカードの情報だけではありません。割賦契約、いわゆる分割支払いの支払い状況も記録に残ります。
例えば携帯電話を分割で購入していて、数か月滞納をしている場合も、審査に通ることは難しくなります。

申込み時の態度で審査に落ちる

キャッシング手続きで意外と見落としがちなのが、申込み時の態度です。審査なんてどのような態度で申込んでも同じだと思っている人もいますがそれは間違いです。
キャッシングの審査は、様々な項目からその人の返済能力を判断します。各金融会社で独自の判断基準があり、基準があるからこそスピーディな審査が可能です。しかし、それらの基準に照らした後に、最終的に融資可能かどうかを判断するのは人間なのです。

例えば、安定した収入があり、今までキャッシングの滞納などの履歴もない人がいたとします。しかし、その人が常に目が泳いでソワソワしていた場合や、自分の生年月日を聞かれて考え込んでしまった場合、その人に融資して安全だと思うでしょうか?
あまりに挙動不審であれば、怪しいということで審査に落ちてしまうこともあるのです。だからと言って、神経質に丁寧過ぎる必要はありません。
ただし、変に威圧的な態度をとることや、不安そうな顔をしないようにはした方がいいでしょう。

対人が苦手なら、ネット申し込みで

電話や窓口での対人のやりとりが苦手なら、ネットでの申し込みがおすすめです。パソコンやスマートフォンでのお申込みが可能で、人とコミュニケーションを取ることもなく、お金を借り入れることが可能です。

まとめ

今すぐにお金を借りたいのに借りられないケース、それは審査落ちです。
審査に落ちるポイントはそれ程多くはありません。
嘘の申告や記入ミスでも審査に落ちてしまうので、落ち着いて手続きをしましょう。
現在や過去の借入れ状況によっても審査に落ちてしまいます。

過去に滞納を何度もしている場合や、すでに数社から借入れ中の場合には審査に通るのも難しくなります。
また、申込み時の態度で怪しいと判断されると、せっかく申告内容が問題ないのに、審査に落ちる場合があります。威圧的な態度や不安そうな態度を見せず、自然な態度で手続きをしましょう。
電話や窓口が苦手な方は、スマートフォンやパソコンの申し込みがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ